ここ1年くらいで、カードローンやキャッシングを利用した人に向けて「過払い金の返還ができる」というテレビCMやラジオCMを、司法書士や弁護士の事務所が行なっています。
このCMが広く知れ渡るということは、裏を返せばそれだけ違法な金利で取り立てていた消費者金融が過去にあったという事実を表しています。

 

過払い金というのは多く払い過ぎているお金ということですから、必然的にそう推測できます。
 それを考えていくと「やっぱり消費者金融からお金を借りるのは騙されてしまう危険性があるのかな?」というイメージが先行します。

 

ただ、ここまで消費者金融の金利に対して注目が集まっていると、さすがにこれからはもうごまかしがきかないのではないかと思いますし、そういった良くない金利になっていたのは一部の消費者金融だけだと信じたいです。

お金の貸し借りというのは、法人や個人に関わらずとてもデリケートな問題ですから、できることならばトラブルになることなくスッキリと最初から最後まで終わらせたいと思っている人がほとんどのはずです。

 

ですから、そうしてトラブルを起こさないためには、借りるときにきちんと消費者金融の実態を知っておき、きちんと納得した上で利用することが大事です。