キャッシングは利便性が高く人気がある金融サービスですが、利用するには審査に通る必要があります。
基本的な審査条件はどのキャッシング会社でも大体共通しており、年齢満20歳以上69歳以下で安定収入があることが基準とされます。

 

仮に高額の預金があって資産をたくさん持っていても無職無収入の人は申込みできません。
また年金収入のみの人も申込みできません。

 

安定収入があれば正社員でなくてもパートやアルバイトなどの非正規の人も申込みできます。
審査はまず属性スコアリング方式で機械で自動審査が行われます。

 

属性審査項目は、家族構成や居住年数や固定電話の有無など多岐に渡ります。
例えば独身で親と実家で同居している人は、既婚者で子供のいる人よりも審査ではかなり評価が高くなります。

 

また固定電話の他に携帯電話でいつでも連絡が取れることも重要ポイントの1つです。
また申込者の信用情報も審査の重要なチェック項目となります。

 

他社借入件数3社以上ある場合や、過去に3ヶ月以上延滞などの金融事故があったり、多額の負債を抱えている場合には審査通過できません。
キャッシング審査では総合的に返済能力を判断するので、いくら年収が高くても必ず審査に通るとは限りません。

 

属性スコアリングでの駆り審査の後、本審査で実際に人の目で申込内容の真偽の確認や借入限度額の決定などを行います。
審査では記入漏れやミスに気をつけて事実を正確に報告することが重要です。